Skip to content

Vビビンバ

レストランでのヴィーガン料理経験、気になることがありまして。

言っていただければヴィーガン対応します、という料理を頼むと、

もともとの料理から、これ、あれ、これ、あれを抜きますね~、という引き算的な考え。

で、残ったものはなんとも味気のない料理が出てくる、というオチ。

たま~に、(私から提案することが多いのですが)、チーズの代わりにアボカドを、とか、ベーコンの代わりにキノコのソテーというように配慮してくれるお店もありますが、残念なことにまだまだ稀。

しかも、お勘定になって、アボカドは別料金ね、と余分に足されてたりするとかなりむかっとくる、ということも多かったりして、ストレスになったり。

先日ビビンバがどうしても食べたくなって、ヴィーガン対応します、という韓国料理のお店に行きました。

オーダーすると、ノープロブレム、というウエイターさん。

“卵抜きますから。”

そうだろうなあ、とは思ったっものの、”卵の代わりに〇〇のせますね。”というのをひそかに期待していた私はやっぱりがっかり。

しかも、出てきたら、ウエイターさん忘れてたみたいでしっかり目玉焼きがのってきて、いや、卵食べないんですけど、というと、平謝りで謝られて、キッチンにもっていって卵とってくれたのはいいんだけれど、いかにも卵ののってたところがぽっかり空いてて悲し~い見た目。

なんだか泣きたくなりましたねえ。(大げさ(笑)。)

で、この時、誓ったのです。

もう引き算ご飯は食べたくない、と。

で、そうなると自分で作るはめに。

ビビンバ、卵は大きな役割がありますよね。

どうしても卵抜きで出来上がり、というのは作りたくなかったので、

いろいろ考えた末、長芋を使ったみることにしました。

ビビンバの卵の役割は、とろーり食感とゴチュジャンの辛さを和らげるまろやかな味。

これはいけるんじゃないかな、と。

できたのがこれ。

ご飯、豆腐、ポータベロ(肉厚)きのこ、人参ナムル、もやし、ズッキーニソテー。

そして、仕上げにたっぷりおろした長芋(塩と醤油で味付け)とゴチュジャン。

すご~く美味しくできました。

大大満足。

おろし長芋イケル。

もう引き算ご飯は食べないぞ~。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*