Skip to content

じゃがひよこ豆カレー&ロティ

インド料理大好き。

一生同じ料理を食べるとしたら、日本食以外だったらインド料理だろうなあ。

カレー、キッチン中いい匂いがします。

でも実はカレーを作った本当の理由は、ロティというこの薄いピタパンみたいなのが食べたかったから。

このレシピ(英語)で初めてロティを作りましたが、平たくする前にこんな形に丸めるのが楽しい(笑)。

美味しくできました~!

ロティ、焼きあがりは、温かく、柔らかく、満足な出来上がり。

夫にも大満足のランチとなりました。

クロワッサンサンド

お気に入りのヴィーガンベーカリー。

詰め物入りのクロワッサンが好きでよく買いにいくのですが、プレーン(詰め物なし)のクロワッサンがあるときは少し余分に購入します。

冷凍できるし、これでサンドイッチを作るのが楽しみだから。

たまたま最近トレーダージョーズというスーパーで見つけたジャックフルーツでできたハンバーグ風なものをサンドすることに。

材料ももちろん購入時にちゃんとチェックしてます。

市販ものにしてはまあ悪くない。

こんがり両面を焼きます。

他の具も準備。

組み立てまーす。

ルッコラ、ジャックフルーツハンバーグ、トマト、紫キャベツ、ホームメードスパイシーマヨ。

うんうん、満足。

チェダールッコラ・ざくざくスコーン

田舎風のざくざくスコーンの気分でして。

3分の1の粉は全粒粉を使いました。

スコーン、作りたかったもひとつの理由は、このホームメードのヴィーガンチェダーチーズを使いたかったから。

そして冷蔵庫にたまたま見つけたルッコラ。

ルッコラの緑いろとチェダーのオレンジ色の組み合わせがいいかな、と。

もうこのチェダーチーズ、すごい!

焼き上がりもすっごくいい感じ。

期待していた以上の出来でした~!

ホームメードのヴィーガンバターをたっぷり塗って。

美味しい~!!

夫にも大好評。

ご近所さんにおすそ分けしよう、としたのに、自分が食べたいからダメだって(笑)。

タコライスプレート

タコスに必要な材料がたまたまうちにあったのですが、トルティーヤ(皮)がなかったので、タコライスを作ることに。

タコス用に味付けする豆腐。

作る度に美味しくなってる気がする~。

ソースは二種類作ります。

緑いろのは、アボカド小ネギ味。

オレンジ色のはチーズソース。

トッピングも用意します。

美味しくできました。

リフライドビーンズという(缶詰よ)マッシュされた豆とルッコラサラダを添えて、

栄養バランスもばっちり、ではないかと(笑)。

V肉団子の甘酢餡 

甘酢餡、大好き。

ついつい食べたくなります。

下準備をしておくとできるのはあっという間。

どう、美味しそうでしょ。

最近近くのアジア食料品店で買ったお皿。

いかにもアジアン、っていう柄が気に入りました。

たくさん作ったけれどあっという間になくなりました。

これだとご飯も進むし。

田舎柿パイ、ブランデークリーム添え

柿、最近はアメリカでも結構簡単に手に入るようになりました。

コストコではここ数年、毎年出回ってます。

日本にいたときはあまり好きではなかったのに、アメリカでは毎年見かけると買わずにはいられません。

コストコのFUYU(富有柿でしょうね)は特に美味。

日本では、完熟したぐしゅっとした濃い甘さや、硬く味が薄いものが気いらず、なかなかこれ、という味に出会えなかったのですが、、アメリカ、コストコのFUYUは、当たりはずれなしで、好みの味。

日本のより美味しい、って言ったら怒られるかな(苦笑)?

ちなみに、種なし!

とはいうものの、柿ってまだ知ってる人少ないみたいで、柿を持っていると、よく知らない人に、声をかけられます。

“それ何?”、とか、“どんな味?”とか、”どうやって食べるの?”などなど。。。

皮をむいてそのまま食べるのも好きだし、

スライスして、ケールと一緒にサラダにして、メープルマスタードドレッシングで食べるのもいい。

ジャムも何度も作ったことがあるし。

でも、一番好きなのはたぶん柿パイ!

これも何度も作っています。

コツは、レモン果汁できりり、と味を引き立たせること。

ブランデーをしっかりきかせたココナッツクリームを添えて。

とっても美味しくできました~。

コチュジャン風味マカロニ・アンド・チーズ

うちで作ったヴィーガンチェダーチーズがあまりにうまくできたので、これを上手く使った料理を作りたく。

アメリカで人気。

マカロニ・アンド・チーズ。

何かというと、ホワイト(ベシャメル)ソースに茹でたマカロニ、チーズを入れたもの。

チーズ、いい感じにとろけて、ソースが綺麗なオレンジ色になりました。

たいていのマカロニ・アンド・チーズは、ここでおしまい、なのですが、私とすると、ここにどうして野菜が入らないのかが不思議なんですよね。

マカロニ・アンド・チーズは特に子供に人気で、野菜が入ってたら食べない子供がたくさんいそう、というのはあるのでしょうが。

(私の11歳のの双子の甥っ子も、ブロッコリーなんか入ってたら、絶対手をつけない。)

緑が少し入るだけで、食欲そそるのにね~。

そして、まだまだ止まらない私。

さらに、今回は、コチュジャンなども入れてしまいました。

少し甘くって少し辛いのがアクセント。

マカロニ・アンド・チーズ、アメリカ人で嫌いな人はいない、と言おうと思ったけど言わなかったのは、実はうちの夫、あまり好きじゃないんです。

だから、食べなかったら、私が独り占めしちゃおう、と思っていたのですが。。。

恐る恐るすこーしよそって食べた夫。

美味しい!って。

戻ってきておかわりしてました(笑)。

フライドオニオンと小ネギをのせて。

すっごくおいしかった~。

チリ・アンド・チップス

チリ(ちょっぴり辛いメキシカンなひき肉と豆のシチューみたいなの)。

チップスは、イギリスの名物、フィッシュアンドチップス、で、ポテト。

まずはチリ。

ホームメードのVミートボールを崩してひき肉風にして使いました。

いい感じ。

ポテト好きなアメリカ人ですが、チリにポテトをあわせるのはあまりないかな。

ポテトは揚げずにオーブン焼きにしました。

こっちのほうが個人的に好きかも。

チリには、酸っぱいサワークリームやら、チーズやらをのせることが多いのですが、

私はカシューナッツを基礎に、酸っぱいチーズ味なクリームを自分で作っちゃいました。

薬味いろいろ。

チリとポテト、初めて一緒に食べましたが、これ、いけます。

美味しい。

Vチェダーチーズ

ヴィーガンチーズ。

Loving It Veganというサイトで見つけたレシピ。

この人のレシピこれまでにもいくつか試して気に入っているので、チーズ作ってみることに。

夫は市販のヴィーガンチーズをちょくちょく買うのですが、私は市販ものより断然うちで作る派。

冷蔵庫で寝かせる前から、味見をしてましたが、すっごくその時点で美味しかった。

出来上がりはこんな感じ~。

スムーズで乳製品のチーズみたいに穴があいたのも凄い。

数切れを今日焼いたばかりのパンにのせて。

さらに、コケモモジャムとタイムで仕上げ。

すっごく満足でした。

ワインのおつまみにいいね。

感謝祭2018年

植物性100%の感謝祭今年二年目。

今年は、ヴィーガンブッチャー(動物性不使用肉屋さん)であるものを調達。

Turducken(ターダッケン)。

何かというと、ターキー(七面鳥)に、ダック(鴨)とチキン(鶏肉)の詰め物をされたもの。

もちろん肉不使用(という不思議(笑))。

お皿を出して準備。

どうでしょう。

メニュー:
ターダッケン
コーンブレッド
ケールとレンズ豆の煮込み
スパイスをきかせたメープル風味のバターナッツかぼちゃ
いんげんのキャセロール
ドイツ風りんごと紫キャベツ

色どりもよく、夫にも大好評。

感謝祭が木曜日なので、今週末は4連休~!

皆様よい週末をお過ごしください。